あわれひだるま

肉汁

August 30, 2014 at 9:22am
155 notes
Reblogged from yoimachi
yoimachi:


飯豊まりえ

yoimachi:

飯豊まりえ

(via d-d-d)

9:20am
325 notes
Reblogged from eatsleepdraw

August 27, 2014 at 5:00pm
5,311 notes
Reblogged from chrisozer

(Source: chrisozer, via tomato-s)

2:09pm
72 notes
Reblogged from rob-art

ひとりの籠屋が竹籠を編む
なめらかに 魔法のように美しく

ひとりの医師がこつこつと統計表を
埋めている 
厖大なものにつながるきれっぱし

ひとりの若い俳優は憧憬の表情を
今日も必死に再現している

ひとりの老いた百姓の皮肉は
忘れられない言葉となって
誰かの胸にたしかに育つ

ひとりの人間の真摯な仕事は
おもいもかけない遠いところで
小さな小さな渦巻をつくる

それは風に運ばれる種子よりも自由に
すきな進路をとり
すきなところに花を咲かせる

私がものを考える
私がなにかを選びとる
私の魂が上等のチーズのように
練られてゆこうとするのも
みんな どこからともなく飛んできたり
ふしぎな磁力でひきよせられたりした
この小さく鋭い龍巻のせいだ

むかし隣国の塩と隣国の米が交換されたように
現在 遠方の蘭と遠方の貨幣が飛行便で取引されるように
それほどあからさまではないけれど
耳をひらき目をひらいていると
そうそうと流れる力強い
ある精微な方則が
地球をやさしくしているのが わかる

たくさんのすばらしい贈物を
いくたび貰ったことだろう
こうしてある朝 ある夕

私もまた ためらわない
文字達を間断なく さらい
一篇の詩を成す
このはかない作業をけっして。

— 

茨木のり子「小さな渦巻き」(『茨木のり子集 言の葉Ⅰ(全3巻

』、ちくま文庫)

(Source: rob-art, via thresholdnote)

9:35am
375 notes
Reblogged from haruru-mr

朝日新聞に掲載された『従軍慰安婦』という語を含む記事の件数
  年   件数   出来事  
1985(S60)  3 ソ連にゴルバチョフ書記長登場
1986(S61)  3
1987(S62)  2
1988(S63)  4
1989(H01)  6 ベルリンの壁崩壊
1990(H02)  8
1991(H03) 110 ソ連崩壊 吉田清治の手記が朝日新聞に掲載される
1992(H04) 622 韓国で反日慰安婦ドラマ(視聴率58.4%)
1993(H05) 350 河野談話
1994(H06) 296 村山談話
1995(H07) 384 アジア女性基金設立
1996(H08) 450 全ての教科書に慰安婦問題が記載される
1997(H09) 375 吉田清治の嘘が確定
1998(H10) 76
———————————————————————————-
年表を見れば分かるように
慰安婦問題はソ連崩壊(冷戦終了)と同時進行で起こっている

冷戦時代の韓国の国是は「反共」であった
反共スローガンと軍部独裁によって韓国の統治体制が維持されていた

しかし冷戦終了によって「反共」のスローガンが使えなくなってしまった
そこで考え出されたのが慰安婦問題である
民衆のエネルギーが「反共」から「反政府」へ変わる前に「反日」へ巧妙にシフトさせたわけだ

韓国の統治体制を維持することは米国政府の意向でもあった
捏造が米国の国益に合致したからこそ、日本もそれに“協力”せざるを得なかったのだろう
朝日や毎日だけでなく、読売まで加担して日本を糾弾した理由はそれしか見当たらない

— 【話題】朝日新聞 ソウル発記事で22年前から女子挺身隊と慰安婦の混同に気付く「韓国民は『小学生まで慰安婦にした』と認識」の指摘も
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408796664/ (via haruru-mr)

(via otsune)

9:34am
1,118 notes
Reblogged from cr96

「だから言ってるだろう。ぼくはもう努力なんてしたくないんだ」

「それが二つ目の勘違い。努力なんてしなくていい」

「は?」

「だから、努力なんてしないほうがいいんだよ。努力がつらいのは、やりたくないことをやるからだ。やる価値がわからないものを、やらされるからだ。そういう努力なら、やらなくていいよ」

無駄な苦労を尊ぶ風潮が、息苦しい社畜文化を作ってきた。

「さっき話に出てきたPixivだけど、ランキング上位の常連の人たちってすごいよ。たとえば商業で活躍している人なら、月に何十枚も……人によっては1日1枚以上のペースで仕事をこなしつつ、たまの休日にもラクガキをしている。描くのをやめられないんだ。当然、誰にでも真似できることじゃない。誰にも真似できないからこそ、仕事になっている」

人よりもたくさん描いているから上達し、上手いからこそ仕事が来て、さらにたくさんの絵を描くことになる。いい循環ができているのだ。

「そんな特別な人の例を出されても……」

彼は苦笑した。

私も苦笑を返す。

成功している人を“特別な人”と考えているうちは、その人のようにはなれない。自分と違う人種だと考えているうちは、絶対に成功なんてできない。同じヒトという生き物でありながら、どうしてこんな違いが生まれたのか。そちらに目を向けるべきだ。

— 「そんなの知らないよ」と彼女は - デマこいてんじゃねえ! (via snaclip)

(via mysmn)

9:29am
269 notes
Reblogged from 774

「仕事をサボって勝手にやってみたらうまくいった」「息抜きでやってるうちに詳しくなった」という逸話で、世の中の真面目すぎる人たちは少し気が楽になるのではないでしょうか。これを「倫理的によくないことだ」と考える方もいるでしょう。しかし「勝手にやる」の反対は「言われたことしかしない」です。こちらのほうが良いのでしょうか? 勝手に自分プロジェクトをやるなどの「明文化された正規の仕事以外を業務時間にやる行為」は「アンダー・ザ・テーブル」、「ブートレッギング」(密造酒作り)、「アングラ研究」、「シャドーワーク」などと呼ばれていて、いろいろな企業で行われています。この種のキーワードで検索してみれば、多くの事例が見つかるかと思います。 また、競争力の強い企業ではシャドーワークをやる社員が多く、その社員は年収が高い傾向がある、という研究結果もあります[2]。

— 続けられた理由は「仕事が楽しくなかったから」──カーネルハッカー・小崎資広(3) | サイボウズ式 (via 774)

(via otsune)

9:27am
511 notes
Reblogged from royals-and-quotes

royals-and-quotes:

Vintage Royals - Young Emperor Akihito and Empress Michiko of Japan

(via petmilk)

9:27am
859 notes
Reblogged from petapeta

許可をとらないと違法になる申請があります。
申請は電話受け付けのみです。
その事務局に何度電話しても話し中です。
事務局のその電話機は、いつも受話器を上げてあるのです。

許可があるのか問われた時は、
「電話をしたが話し中で、許可が間に合わなかった」が正解。罪には問われません。
「電話が繋がらないので、まだ申請できていない」と回答すると、罰金をとられます。
実体験です。このての手続きがざらにあります。

あとルールを破る時、
「私はルール違反を見逃すことはできない。今から私は5分間よそ見をする。その間の責任は私にはない。」
英国でよく使われるフレーズですね。

— イギリス人の痛烈なユーモアの具体例 | OKWave (via petapeta)

(via otsune)

August 22, 2014 at 11:46pm
75 notes
Reblogged from megazal
megazal:

3254 by 3cm on Flickr.

megazal:

3254 by 3cm on Flickr.

(via yellowblog)